◆チラシ印刷に関する情報が満載!

チラシ印刷は紙やプリントの質が高く色々なデザインに対応できる

商店や商品を宣伝するチラシは、プロモーションで使われるオーソドックスな手法です。
スーパーマーケットの特売や住宅販売、バンド活動の宣伝などのチラシを目にすることが多いです。
新聞折り込みやポスティング、手渡しなどで配布されます。
チラシ印刷を専門業者に頼むと、綺麗な出力プリンタで印刷してもらえます。
フルカラーや単色カラーから選べ、写真を使うチラシにはフルカラーの写真印刷に適したプリンタと用紙を使い分けてくれます。
チラシのデータを入稿すれば、そのデータを基に希望枚数に従った量をプリントし、枚数単位で納品します。
デザインは、自分で一から作ったものを入稿可能で、他には、テンプレートから選んで文字入れだけする作業で魅力的なデザインのチラシが作れるサービスがあります。
インターネットから注文して指定した住所に配送されます。
紙のサイズをA4などの基準から選び、紙の質感は光沢紙、普通紙などから選ぶだけで注文完了です。

チラシ印刷のデザインのコツについて

個人商店やイベントなどで、ちょっとしたチラシを作りたいけれど、お金がもったいないから自作したいと考える方は少なくないでしょう。
チラシ印刷には幾つかのコツがあります。
まず、デザインを考える前に、配布形式・配布ターゲット層をよく考えてください。
例えば、駅前で手渡しをする場合と、掲示板に一定期間張り出しておく場合、それだけでデザインに大きな違いが生じます。
手渡しの場合は、チラシに一切興味がない人も含まれますが、一人でじっくり読む時間も与えられます。
このため、目を引く文章や画像と共に、細かい説明などを盛り込むとよいでしょう。
掲示板の場合、とにかく遠くからでも見えるような文字や色を使って惹きつけ、細かい情報は目の前にやってきた人に読んでもらうよう、文字の大小を工夫してください。
イベントやセールの開催通知であれば、イベントの名前と日付だけを表示することで際立たせる例もあります。
絵が描けないという方は、文字のフォントもやわらかい印象のものから、堅い印象のものまで様々あり、それらを好む年齢・性別が異なりますので、文字だけ勝負するというのもよいでしょう。

recommend

オリジナル マグカップ

最終更新日:2017/8/24

Copyright (C)2015 チラシ印刷のチラ裏.All Right Reserved.