◆チラシ印刷に関する情報が満載!

印刷会社へ初めての方のチラシ印刷入稿における注意点

チラシ印刷における入稿は個人の方でも行う事ができます。
現在は、家庭で利用できるグラフィックソフトも市販されているため、そのソフトを利用すれば行う事ができます。
ただし、印刷会社に持ち込む場合は、多少の専門的な知識を要する物です。
一般的に書籍やパンフレットを制作する場合は、ESP形式で保存ができるソフトを利用して制作しますが、ペラ物と呼ばれるチラシであれば、Illustratorで制作するai形式での入稿が可能です。
ただし、制作時において大きく二つの注意点があります。
一つ目はフォントと呼ばれる文字の種類です。
現在、フリーフォントを含め、様々な種類のフォントが流通していますが、印刷会社が持ち合わせていないフォントは文字化けをしますので、特殊なフォントを扱う場合は、文字のみであろうともアウトライン化させ図として処理を行わなければなりません。
二つ目は写真を使う場合においては高解像度の写真を要します。
印刷物は印刷するための点になる情報をデジタル機器である端末で見るよりも多く必要するためです。
チラシ印刷を行う場合は、印刷会社に相談をしてから制作に当たる事も大切です。

チラシ印刷の入稿時に注意すべきポイントについて

ストアなどの宣伝や広告を行っていくために、チラシを用意しなければならない場合が存在します。
このようなチラシを用意する場合には、チラシ印刷の専門業者を活用することになります。
チラシ印刷の専門業者では、印刷を行うための原稿を気軽に入稿することができるように、ホームページ上のフォームを利用して原稿を送信できるシステムや、メールによる受付けなどを積極的に取り入れるようになっています。
そのような入稿時に注意すべきなのが、専門業者に送信するデータの形式やサイズなどです。
データの形式によっては、専門業者側の装置で読み込みができないケースも存在しているため、依頼する前にデータの形式について確認をする必要があります。
また、チラシのサイズなどについても、サイズを誤ると印刷できない場合があるため、適切なデータを用意することが求められます。
このような点に注意しておけば、適切なデータを用意できるため、安心してチラシ印刷の入稿を行っていけます。

Valuable information

新型出生前診断を病院で検討する

2018/6/29 更新

Copyright (C)2015 チラシ印刷のチラ裏.All Right Reserved.